小学生


成果を上げるために必要なこと


1.国語の力の育成…すべての教科の土台
*入試における国語の重要性 ← 現在と20年前の県立入試の比較より(資料参照)
*国語力と人生成功の関連性 ← アメリカでの5万人対象の調査結果より
     ・多くの言葉の意味を正確に知っていることが、他のどんな特性よりも社会生活における成功の原因である。
     ・それぞれの職場での地位や収入は、ほとんどその人の国語力に正比例している。
     ・国語力と学校の成績、すなわち、学力とはほとんど正比例する。
2.算数の力の育成
*将来の生活・仕事に必須
*中学以降の数学の結果に大きな影響
3.小学校低学年からの1・2の継続した学習

明修塾の新しい授業…全学年、算数・国語が必修


1・2年
「さんすう・こくご」・・・・・・ 国語 (論理的に考える習慣、コミュニケーション能力の育成)
算数 (計算・文章題・図形など)
脳トレ・音読・作文指導など
3年
「算数・国語」・・・・・・ 50分(週1回) 
4~6年
「高学年の学力」は「中学に入ってからの成績」に直結


「中学校で上位に入れる基礎学力」が小学校でつけられるか

「算数・国語標準コース」・・・・・・算数・国語必修:各50分(週1回ずつ)
「算数演習コース」・・・・・・50分(週1回)
*演習量を増やす→速く正確に問題を解く力をつける。
*応用力をつける。
*県立上位校合格のための、学力の基礎固めができる!


サイトマップ
privacy policy